FC2ブログ

バレエのステージ、舞台のビデオ撮影はNビデオ企画にお任せ下さい。

Dance Movement Club(ダンスムーブメントクラブ)は、東横線白楽駅・妙蓮寺駅を中心に、子供たちにモダンダンス、バレエ、リトミックを指導しているダンススクールです。

現役バレエダンサーによる少人数制レッスン 小田急相模原でバレエを教えています。バレエスタジオ Aile ( エル )です。

モダンダンス、ジャズダンス、ストリートダンスのビデオ撮影と制作ならN-VIDEOにお任せ!

東京都国立市を中心にバレエ・ミュージカル・ジャズなどを取り入れたダンスレッスンをしています。マーサダンススタジオです。

長野県松本市のバレエ教室、マキコバレエスタジオの公式ホームページです。

埼玉県吉川市 ダンス、ボーカル、ミュージカルレッスン スタジオアビー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『文字(テキスト)』にするか?『画像』にするか?

みなさまこんちには。
webmaster:Nひでお です。

この「検索エンジンよもやま話」のコーナーでは、
どんなホームページが検索エンジン( Google や Yahoo! など)
に気に入ってもらえるのか?
つまり、検索結果に自分のホームページが出てくるようになるのか?
というお話を綴っていきたいと思います。

まずは、以下の二つをご覧下さい。

(1)


(2)
インターネット


この二つ、一見すると画面上には同じ文字が表示されていて、
意味は「インターネット」。誰が見てもインターネット、ですよね。

でも、検索エンジンのGoogle君や、Yahoo!さんは、
この二つを同じものとは思ってくれないのです。

どういうことかと言うと、

(1)は画像データ。(2)は文字(テキスト)データ。

▼(1)は画像をつくるソフトなどで作った「.jpg」「.gif」などの形式のデータ。
  (2)はホーム―ページ制作ソフトなどで、普通にキーボードから打ち込んだ「.txt」などの形式のデータ。

大まかに言うと、上記のようなことなのですが、

検索エンジンのGoogle君や、Yahoo!さんがインターネットを巡って
あなたが作ったホームページを探しているときに気にしているのは、
(1)ではなく(2)。

つまり、あなたがホームページを作るときに「言葉で何かを表現して伝えたい!」
と思った時には、「画像データ」としてホームページに掲載するのではなく、
「文字データ」としてホームページに掲載しないと、
Google君や、Yahoo!さんに
すっかり無視されてしまう可能性があるのです(^^;...。

せっかくホームページを作ったのに、それではちょっと悲しいですよね。

ですので、写真やイラストなどは「画像データ」として掲載して、
あなたがホームページで伝えたい想いや言いたいことなどは、
「文字データ」として掲載して下さいね。

そして、今日は、ちょっと肌寒いのですが、
やっぱり、うたた寝しに戻ります・・・おやすみなさい...zzz...zzz...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人( 猫 )
★webmaster★
絵縫 日出男( N・ヒデオ )
"まじめにきれい" Nビデオ企画
Nビデオ企画公式ブログ
最新記事
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
お気に入りブログパーツ etc...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。